自動車保険の補償内容

自賠責保険の補償内容について

 

自賠責保険が保障されるのは、「他人」のみです。

 

 

自賠責保険は怪我だけでも最高120万円、
死亡事故の場合は、最高3000万円の補償額で、
車両とは別件になり、もし加入していない場合には罰則も課されることになってしまいます。

 

 

 

被害者が死亡した場合

 

最高3000万円(葬儀費や遺族への慰謝料などを含め)

 

 

被害者を後遺症を覆ってしまった場合

 

最高4000万円(神経、精神状態、体内器官に著しい後遺障害が発生した時など)

 

 

被害者に怪我を負わせてしまった場合

 

最高120万円(治療費や職場の休業損害費など)

 

 

任意保険の補償内容について

 

任意保険は法律で義務づけられていませんが、
自賠責保険だけでは、万が一の場合は非常に対応しがたいです。

 

 

任意保険は個人個人の生活資金、生活スタイルに合わせて、
特約や補償内容を変更することができます。

 

 

 

運転車本人に対する損害補償保険

 

 

無保険車傷害保険

 

 

被害者が対人賠償保険に加入してない無保険車により、
十分な保障ができない場合に、
加害者が負担するべき損害賠償の不足分を保険金で支払います。

 

完治できる場合は適用されませんが、
保険金の目安金額は1億円から無制限とされてますが、
無制限の場合は2億円が限度です。

 

 

 

人身傷害補償保険

 

 

交通事故により運転者や同乗者、歩行者が死傷した時に保険金で支払える保険です。

 

人身傷害補償保険は事故の過失割合に関係なく損害が補償され、
保険金の金額は一般的に5000万円です。

 

 

 

自損事故保険

 

 

自動車同士で相手に過失がなく、
運転手の過失により起こった事故により死亡、負傷するケースを指し、
相手の自賠責保険から保険金が支払われない時、
保険金で支払う保険です。

 

死亡時には1500万円、
通院の場合は1日あたり上限が4000円、
後遺障害の場合は、状況により変わりますが、
50万〜1500万円ほどです。

 

 

 

搭乗者傷害保険

 

 

補償の対象の車両に搭乗していた運転者含む搭乗者が死傷、
後遺症を負った場合に支払われる保険です。

 

保険金額は1人あたり1000万円ほどですが、
違法車両(違法改造などによる)による事故だと保険は支払われません。

 

 

 

車両保険

 

 

車で事故で損害を受けたら修理代を保障してくれる保険で、
衝突事故や、天災、盗難により補償される保険です。

 

補償内容金額は、一般車両保険、エコノミー、
限定Aなどにより異なります。

 

 

 

 

被害者に対する損害賠償保険

 

 

対人賠償保険

 

 

運転者が、同乗者や歩行者、接触した相手を死亡、
負傷させ、法律上で損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。

 

損害額が自賠責保険などの保険を超えてしまうと、
超過額も支払わなければなりません。

 

 

補償金額は無制限となており、
治療費、通院費、休業損害は対人賠償保険から支払います。

 

 

 

対物賠償保険

 

 

他人の所有物に損害を与えてしまい損害賠償が発生した場合に、
保険金で支払います。

 

例に挙げると、住居やビルなどの建築物や、
ガードレール、
電柱などに損害がある場合に損害賠償が発生します。

 

業務用の乗用車、バスなどに損害があった場合には、
休業補償を支払うこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

⇒自動車保険のお勧めの特約と注意事項について

 

 

 

 

自動車保険一番安いところを探すのなら保険の窓口インズウェブ!

の無料一括見積もり!

 

    

↓ ↓ ↓