リスク細分型自動車保険とは?

リスク細分型自動車保険とは?

 

最近増えているリスク細分型自動車保険ってご存知でしょうか?

 

 

リスク細分型自動車保険とは、
ドライバーの事故を起こすリスクが高いほど自動車保険が高くなるという設定になっていて、
過去の事故などをデータをもとに、
年齢、プロフィール、ドライバー環境などリスク(危険度)に応じ区分されています。

 

 

例えば年齢条件がそうで、
若いドライバーのほうが経験上事故を起こしやすいので、
年齢が若いほど保険料が高く、
逆い年齢が上になっていくほど保険料が安くなるという仕組みです。

 

 

他にも性別、地域、車の使用目的、走行距離など
さまざまなデータを取り、リスクを細分化することで保険料を調整しています。

 

 

 

 

リスク細分型自動車保険メリットとデメリット

 

 

でも、リスク細分型自動車保険でもメリットとデメリットがあります。

 

リスクが少ない優良ドライバーは格段と保険料を安くすることができ、
節約に繋げることはできたのですが、
リスクが高い属性のドライバーは保険料が高くなるというデメリットがあります。

 

 

 

例えば、次のようなドライバーがリスクが高い属性に区分されます。

 

 

若いドライバー。

 

男性。

 

走行距離が多い。

 

事故の確率が高い車種・地域・・・等々。

 

 

 

こういうリスク要因が多ければ多いほど、保険料が高くなってしまいます。

 

 

この属性と逆の立場だと保険料を大きく下げることができます。

 

 

 

なので、自分自身がどの立場か十分理解したうえで、保険を選ぶようにしましょうね。

 

 

 

 

 

 

自動車保険一番安いところを探すのなら保険の窓口インズウェブ!

の無料一括見積もり!

 

    

↓ ↓ ↓