自動車保険の特約

自動車保険のお勧めの特約と注意事項について

 

自動車保険の特約もつけすぎに注意する!

 

 

自動車保険には「特約」といって、契約者様自身で自由に付け外しをすることができます。

 

 

自動車保険の特約は、最近はいろんな特約が多く、
代理店でもユーザー自身が申し込む通販型保険でも特約の掌握ができずに、
本来支払う保険料を忘れたということもあります。

 

 

その為に、必要な特約を事前に把握して、
よく考えたうえで特約を選ぶようにしましょう。

 

 

代表的な特約といえば、
家族限定特約やファミリーバイク特約などですが、
特約もただではなく、多少は割高になってしまいます。

 

 

必ず欲しい特約があるのであれば、
欲しい特約がついている自動車保険を選ぶのも1つの手だと思います。

 

 

 

 

自動車保険のお勧めの特約について

 

 

ここでは自動車保険の数多くある特約でお勧めの特約を紹介します。

 

 

 

子供特約

 

ご家族のなかの子供が運転する場合に、年齢制限を受けずに補償の対象にします。

 

年齢条件を変更するより大幅に割安で利用でき、
お子様の1度の事故だけだと、無事故等級も変わりません。

 

 

身の回り品担保特約

 

車両保険が適用されてある車で事故にあった場合に、
車内やトランクに置いてあった日常品に損害が出た場合に補償の対象になります。

 

現金や貴金属は対象外ですが、
家電やゴルフパッドなどの日用品に損害が出た時に補償されます。

 

 

 

臨時運転者特約

 

 

年齢条件が対象外の車でも万が一の事故があった場合に
保険金が支払われる特約です。

 

30才不担保の車に、28才の彼氏に運しても、
臨時の運転手とみなされるので補償の対象となります。

 

しかし、運転手の家族だと適用されません。

 

 

 

 

弁護士費用担保特約

 

 

自分自身に賠償責任のない被害事故にあった場合や、
接触相手と示談交渉を弁護士に依頼する場合に、
弁護士費用を一定額まで担保する特約です。

 

基本的な限度額は300万円という設定になっております。

 

 

 

等級プロテクト特約

 

 

交通事故を引き起こすと、翌年に3ランク下がり、
大幅に保険料が高くなりますが、
等級プロテクト特約をつけると、1回の事故のみだと、
翌年の等級も前年と同じ保険料になります。

 

最近では、等級プロテクト特約が話題になり、
等級プロテクト特約を重視させている保険会社も多いようです。

 

 

 

事故付随費用担保特約

 

 

自動車がガス欠より走行不能状態になると、
レッカー費用や、宿泊費、帰宅費用、レンタカー代などが必要になりますが、
事故付随費用担保特約を利用することで費用を補償してくれます。

 

補償は保険会社によって異なりますので、
比較、検討をして的確な選択をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

自動車保険一番安いところを探すのなら保険の窓口インズウェブ!

の無料一括見積もり!

 

    

↓ ↓ ↓